ようこそWelcomeB.Bへ。当サイトでは、思い出に残るウェディングを演出するウェルカムボードとウェルカムベアーを紹介するサイトです。ウェディングには必須とも言えるこれら2つのアイテムを使って、華やかなウェディングを更に華やかに、かつ楽しく、一生の思い出となるハッピーウェディングとなるように演出しましょう!

出産祝いにおすすめなもの

赤ちゃんが生まれて出産祝いを贈るのは日本の習慣で、出産祝いのお返しに内祝いをおくるものセットで習慣になっている。出産祝いの贈り物をする事は本当に悩むし、相手が気に入ってくれなかったらと心配もある。特に人生においてそれほど出産祝いを贈る機会、またもらう機会も多くないのが出産祝いだ。でもそれは赤ちゃんが生まれた時に贈られる出産祝いであるから、意味としては本当におめでたい贈り物だ。

贈る側としては出産祝いの経験がなければいったい何をおくったらいいのかと悩むことは間違いない。赤ちゃんのサイズやママとして何が必要なのか?知っているひとに体験を聞いてみたり、直接相手に何が必要か聞いてみてもよいだろう。

出産祝いを贈る前にちょと考えよう

出産祝いのギフト

ママにもよるがあまり出産祝い贈られてもこまるものが、「さく乳器」だ。母乳は誰でも赤ちゃんにあげたいものなのだが、生まれてみなければ赤ちゃんとママの母乳はどのような調子なのかは分からないし、人それzれのコンディションがある。それに実質的にたくさん使わないので出産祝いのギフトとして推薦できない。 それに一番心配な事は、ママが既にもっているものなら出産祝いのプレゼントしてもダブってしまうことだ。

すでに新生児用品もある程度は準備がととのっているだろう。最低限の道具はママ達が出産祝いをあてにしてそろえない訳にはいかないので、だいたいの物は揃えられていると考えるべきだ。 そのまま無難に赤ちゃんの肌着を出産祝いのプレゼントしても良いと思う。下着は多くても良いからだ。赤ちゃんは頻繁にあせもかくし、母乳やミルク、よだれなどで首まわりもよく汚れるため、着替えは何枚あっても助かるものだ。

ただサイズはあるサイズ大きいものを買わなければならない。赤ちゃんは成長が非常にはやいので、シーズンごとにベビー服も着れなくなっていってしまう。 ぴったり合うように新生児サイズでのものを出産祝いに贈るもの良いのだが、着れる期間としてはほんのわずかだと頭にいれておこう。なので購入したらすぐに出産祝いを渡せなければ意味がない。

すこしもたもたしていれば赤ちゃんはあっという間に成長して着れなくなってしまう。新生児だからといってもそういった事を考慮すればすこし大きいサイズでも全く問題ないし、返って長くきることができる。

お勧めの出産祝い「肌対策ケア用品」

ベビー

もう一つ推薦できる出産祝いは、赤ちゃんの肌対策ケア用品だ。冬季だと子供には肌の補習が重要となってくる。ベビーローション&オイル&クリームなどは肌が乾燥しがちな赤ちゃんには必需品であるし、これも消耗品なので、既に購入していても出産祝いとして貰ってもまったく問題ないと思われる。赤ちゃんが使うものだし、赤ちゃんによっては非常に敏感な皮膚の子供もいるから、必ず刺激がなくて自然なものを選んでください。

新生児の場合、特に皮膚に使う製品を神経をつかってまで購入しなければならないということではありません。 赤ちゃんは出産したら入浴を毎日する際にローション最も多く使うのでバス用品と一緒に出産祝いをおくると良いでしょう。最近は自然派なものが人気ですから有機農製品だと弱い肌を持った赤ちゃんには安心して使うことができます。きにいればママは出産祝いでもらったものと同じものを購入するでしょうから、あまり高価なものでなくても良いでしょう。ママにも負担がないものが良いでしょう。

もうひとつお勧めの出産祝いギフトはは離乳食セットだ。母乳やミルクは赤ちゃんによって、ママのコンディションによって人それぞれなので難しいが、離乳食はどんな赤ちゃんでも始める大事な成長過程である。その離乳食作りを助けてくれるのが離乳食セット。特に初めての赤ちゃんを授かったママにとって離乳食は未知の世界だ。どうやって作るのか、赤ちゃんが食べてくれるかと色々心配になるだろうけど、離乳食セットがあれば、すりおろし、マッシュ、果汁絞りなど、赤ちゃんが最初の段階で口にする軟らかさなどに加工できる。

出産祝いとしてもらってうれしかったと良く聞くセットであるし、生まれたての頃はまだママとしても準備をしていないママの方が多いので、喜ばれるだろう。

内祝いの常識

内祝いとは本来どういうものなのでしょうか?あまり意味の分からないまま贈っているのではないでしょうか?せっかくですから多少意味が分かっている方が贈るにしても、頂くにしても気持ちが違ってきますよね。内祝いにはいったいどんな意味があるのでしょうか?

  • 出産内祝い
  • 入学内祝い
  • 成人内祝い
  • 就職内祝い
  • 結婚内祝い
  • 新築内祝い

人生の節目節目には様々なお祝いごとがあります。そのお祝いにたいするのが内祝いです。内というのは自分たちのこと、ですから自分たちの出産祝いなどのお祝いごとを周りの方々におすそ分けすることになります。

ですから本来の意味の通りなら、周りの方々から様々なお祝いを頂く前に、周りの方々に贈ることが普通なのです。ですが現代では、何かのお祝いごとに対して頂いた方にそのお礼として内祝いを贈るというのが習慣になっています。出産祝いの内祝いは赤ちゃんが生まれたことなので、その赤ちゃんのお披露目も意味しています。

内祝いで贈るギフト

だいたい内祝いは頂いたお祝いの三分の一から半額くらいまでとされています。 お品物を頂いた場合は金額は予測して内祝いを贈ります。 結婚式の場合も結婚内祝いとして、引き出物を用意します。なので引き出物を用意していない場合はご祝儀のお返しとして後日結婚の内祝いを贈ったりします。また結婚式に参列されていない方からご祝儀を頂いた場合も後日内祝いを贈ります。

基本的にはお祝いを頂いてから1カ月以内に内祝いを贈るようにしましょう。長く日がたってしまうと失礼に値しますし、本来の内祝いの意味がありますので、お祝い事が過ぎて何カ月もたってから内祝いを贈るものおかしな話です。 結婚内祝いは新郎新婦の記念の品を贈りたい気持ちも分かりますが、あまり実用的でないものは名前が入って使いずらいものは避けたほうが良いでしょう。日常的に使えるタオルや洗剤やクッキーなどの食べ物が良いと思います。

出産内祝いは赤ちゃんが生まれたお祝いですから、ベビー用品を頂く事が多く、そのお返しとして生まれた赤ちゃんの名前を添えた写真やメッセージカードを付けるとよいです。赤ちゃんのお披露目としても内祝いを贈りますので、これからどうぞよろしくお願いしますという意味をこめて添えましょう。


Copyright2008(C) Welcome B.B. All Right Reserved.